HOME > クボタピッグファームとは

「ありが豚」はたくさんの人たちへ「ありがとう」という  感謝の気持ちからうまれた名前です。  私達はこれまでたくさんの人たちに支えられてきました。  お客様、スタッフ、取引業者さん、そして豚達・・・。  豚なくしては私達は会社を継続する事ができません。  また私達はその「命」を頂いて生きています。  だから決して豚肉を残したり、無駄にしないで下さい。 「ありが豚」はそんな想いがつまった豚です。おいしい豚肉と共に笑顔も食卓へお届け致します

飼育への「3つ」のこだわり

こだわりの飼育


飼料はトウモロコシと小麦、お米を主原料とし、水は鈴鹿山麓の天然水を使用。大自然の中、農場スタッフが一頭一頭手塩にかけて、病気になりにくい健康な豚を育てています。

>>日々の「農場だより」もご覧ください

徹底した防疫


健康な豚を育てるためには病気を未然に防ぐ事が重要。徹底した消毒と豚の成長ステージごとに専属のスタッフを配置しています。

自家加工で新鮮


ご注文を受けてから厳選した「心からありが豚」を出荷、スライス加工。一度も冷凍していない新鮮なお肉をお届けします。もちろん衛生面も厳しく徹底管理。

会社概要


社 名 有限会社 クボタピッグファーム
住 所 三重県鈴鹿市石薬師町1189-9
TEL
059-373-3255
FAX
059-373-3241
mail  お問合せフォームはこちら




沿革


約50年前 養豚業を始める。
平成9年 有限会社クボタピッグファーム設立。豚肉の直売開始。
平成19年
自社で豚肉をスライス加工ができる工房完成。
平成23年
規模拡大のため新豚舎建設。
平成24年 既存の工房を拡大、販売所を併設「古民家風隠れ家」として豚肉の料理体験の場が完成。

料理教室



クボタピッグファームでは定期的に平成24年に完成した「古民家風隠れ家」にて豚肉の料理体験の場で料理教室を催しております。